大原 宅建 通信講座

大原の宅建通信講座

大原とは、学校法人大原学園が経営する資格学校で、「資格の大原」と呼ばれるように様々な国家資格の講座を設けている大手の学校です。

 

学校は全国の28都市に存在しており、宅建の資格講座を設けているのは32校もありますので、全国で講座を受けることができます。

 

テレビコマーシャルでもお馴染みの「資格の大原」は、宅建通信教育口コミ情報でも「知名度抜群で安心」との意見が目立ちました。

 

宅建の試験については一発合格主義を標語にしており、全ての問題に答えられるよう幅広く学習するのではなく、最小の努力で最大の効果を発揮させることを念頭に置いた講義がされています。

 

そうしたこともあって、実際に寄せられる評判を見てみると、「学習カリキュラムがとてもスマート。」という声が多くあります。
宅建では50問の問題が出題されるのですが、そのうち合格圏である35問をわずかに上回る40問の正解を目指しており、限られた学習時間内でもしっかりカバーできる、およそ現実的なカリキュラムとなっています。
また人により異なる学習環境に合わせられるよう「学習スタイルがたくさんある」という点でも評判となっています。

 

大原の場合は学校に通う通学に加えて映像通学、DVD通信、Web通信、資料通信と選択肢が豊富にあります。 

 

特に上記のように通信教育に関しては力を入れており、また合格に向けてのサポート体制も振替出席制度、重複受講制度、欠席フォローなどを始めとして各種強化されていますので、高い評判を得ています。

 

大原では、宅建の通信講座ひとつをとってみても非常に多くのコースを用意しており、値段設定や学習期間など、多くのニーズに対応しています。
また、大原は、通信講座だけではなく全国各地に専門学校を設けていますので、通信か通学かを選ぶ事もできます。

 

大原のテキストでは、図式やイラストを用いて学習者のモチベーションを保てるような工夫はもちろんの事、内容ごとに重要度のランク付けがされています。
一度学習した内容を受験前に見返す際も、重要度の高い部分を集中して学んでいく事などもできるため、よりご自身のライフスタイルや都合にあった学習ができるのではないでしょうか。

 

また、大原ではその非常に幅広い学習方法が選べるのも大きなメリットで、通信講座ではDVD講座、web講座、資料講座などから選択できるほか、直接教室に通う通学講座をも選択できます。

 

DVD講座では、実際に教室でおこなわれている講義を自宅で受ける事ができます。
内容や進むペースは、実際に学校へ通っているのと同じで、通学する時間がない方や仕事の都合で通えない方などには、自宅で授業が受けられるので非常に便利な通信講座です。

 

WEB講座では、DVD講座と同じく実際の教室授業がパソコン画面上で確認する事ができて、インターネット環境とパソコンをお持ちであれば非常に便利なシステムだといえるでしょう。
また、画面の構成なども非常に機能的になっており、より個人学習の手助けとなる事と思います。

 

最後に資料講座では、テキスト形式での学習ができて、ご自身での学習スケジュールを設定しやすく、より効率的に学んでいくのには最適な形式だといえるでしょう。

 

このような非常に多くのタイプからご自身にあったプランを選べるのが大原の通信講座なのです。

 

 

資格の大原の宅建通信教育はDVDの通信講座とWeb通信講座の2種類あり、受講料はDVD通信が15,800円、Web通信が15,000円です。
ちなみに教育訓練給付制度を利用できるのはDVD通信コースだけです。

 

いずれにしてもコースは「完全合格週2コース・入門パック」、「完全合格週2コース」、「速習合格コース」、「コンパクトコース」、そしてWeb通信のみ受講可能な「長短期マスター合格コース」など、需要に応じて複数のコースから選べるようになっています。 

 

特に最近はご自宅で特に通学とほぼ同じスピードで講義を視聴できるWeb通信が人気を集めています。 
実際「24時間いつでも好きな時に繰り返し学習できる」と言うネット学習は非常に魅力的です。 

 

Web、DVD共に標準コースとなっているのが、法律の知識が全くなくてもゼロから学習できる「完全合格週2コース・入門パック」です。 

 

週2回のペースなら約7ヶ月、週4回ペースなら約4ヶ月で完了できるプログラムで、合計54回のカリキュラムに沿って学習を進めます。

 

インプット時期の入門期、基礎期を経て、8月9月頃からはアウトプット重視の直前対策期に入るスケジュールです。
しかも教室通学の日程から11回まで授業に参加できる教室聴講サービスも利用できますから、学習の励みにもなりますしより深く理解できる筈です。

page top