宅建講座 フォーサイト

フォーサイト宅建講座

「フォーサイト宅建」は、たった3ヶ月での短期合格者も多数輩出している宅建通信教育講座で、合格率も全国平均1.84倍を記録しています。

 

教材は単科講座の「基礎講座」と「過去問講座」の他、「バリューセット」と「直前対策講座」があります。
また、それぞれのコースでCDコース、DVDコース、CD DVDコースを選ぶことができます。

 

特に人気を集めているのが、「基礎 過去問講座 直前対策講座」がセットになったバリューセットです。
受講料はキャンペーン中ならCDコース72800円が50960円、DVDコース82800円が57960円、CD DVDコース92800円が64960円と大幅に値下げされるのでチャンスです。

 

直前対策講座はすべてDVDコースになり、「法改正・統計資料対策編」と「択一対策篇」がそれぞれ10000円での販売になりますが、セットの「2編同時価格」なら割引が効き15000円でOKです。

 

既に受験2年目以降の経験者なら、単科コースや過去問コースだけピンポイントで受講するのもオススメですし、受験生の状態に応じて無駄なくコースを選べる点がフォーサイトの魅力です。

 

そもそも宅建資格取得までにかかる教材の費用はどれくらいでしょうか?

 

独学、通信講座、通学講座をそれぞれ選んだ場合の費用をみてみましょう。

 

●独学の場合・・・基本となる基本書、過去問題集、模擬試験、六法を教材として購入した場合、およそ10,000円から20,000円位かかります。

 

●通学や通信講座の場合・・・講義CDやDVD、答案練習、模擬試験、テキスト、過去問題集、添削、小テストなど付いた講座の場合は約10万円から15万円位といったところでしょうか・・・。(最近は値下げする予備校も出てきました)

 

フォーサイトでは、広告経費に当てる分を教材開発に費やし、最高の教材を低価格で提供することに成功しました。

 

さらにフルカラーテキスト、問題集、質問に対するフォローも付いていますから宅建合格の最適な環境はフォーサイトがすべて提供してくれます。

 

特にフォーサイト受講生の評価が高いのがフルカラーのテキストです。

 

それは、
「読みやすい」
の一言です。

 

オプション講座を追加したとしても一般的な通信講座よりも安く感じますが、低価格の秘密は学校経営支出の大半を占める「広告宣伝費」、「教室賃料」、「教材印刷代」を徹底的に省き、受講者にとっての適正価格を追い求めた結果だそうです。

 

広告費にあまりお金をかけていないフォーサイトですが、ネットを中心に広告展開しています。

 

検索エンジン(ヤフーやグーグルなど)で上位表示を成功させていますし、PPCというインターネットの広告にはお金をかけているのがわかりますね。

 

実際、宅建通信教育の口コミ情報でも、フォーサイトの名前がちらほらあがっていたことは事実で知名度が高いのは確かです。

 

書籍実績や口コミ、リピート受講などでじわじわと受講生を増やしている実力派講座と言えるでしょう。

 

フォーサイトの通信講座では、テキスト形式が主体となっていますが、他のテキストとは違い、フルカラーテキストとなっており、非常に見やすく、モチベーションを長く維持していきやすいのが特徴です。

 

多くのテキストや参考書では、白黒印刷であったり、一色二色程度の配色で単調な見た目になっているため、長く続けていく上で飽きがきやすいのがネックになっていますが、フルカラーテキストであれば、飽きが来づらいだけでなく、視覚から取り入れられる情報量が増えるため、多くの事を学んでいく上でも非常にメリットとなるでしょう。

 

また、フォーサイト宅建講座ではテキストのほかに、DVD講義かCD講義を選べる形式になっており、テキストだけでなくさまざまな方面から教育をサポートしてくれます。

 

実際、百聞は一見にしかずということわざがあるように、百読むよりも、聞いた方が多くの情報が得られますし、もっといえば直接目で見た方がより多くの事を学ぶ事ができるのです。

 

ただ単にテキストを読んで勉強するだけではなく聞いたり、見たりすることによってより多方面から多くの情報を取り入れる事ができ、そうして覚えた内容というのは忘れづらいのも特徴です。

 

こうしたフルカラーの見やすいテキストのほかに、多方面から情報を取り入れる事によって、より効率的に学んでいく事ができるようになるのではないでしょうか。

 

また、独学や通信教育だと誰かと一緒に学習するということがそもそもありません。
だから、余計に、つまづいたときに相談できる仲間が必要です。

 

ですから、通信教育であれば質問などのフォローを積極的に利用したいところですね。

 

 頑張っている仲間と自分を比べ、客観的な目で自分を見ることで、漠然とした不安は解消できます。

 

フォーサイト宅建講座は、質問の受付などのフォローシステムが充実しています。
これから学習を始める人は、フォローシステムを効果的に使って、 講師や教材、ツールを仲間にしていってください。

フォーサイト宅建講座の問題集の評価

過去問集は、問題を分野別に並べ替えてあるので使いやすいですね。
また問題が難易度別にAからDに分けられているのもいいです。

 

解説も一つ一つの肢に対する説明が詳しく書かれているので、テキストを読み返す時間がなくても、問題集の解説をしっかり読み返すことで知識の整理ができます。

 

 

フォーサイトの教材を選んだ理由について書かれたコメントを転載します。

 

 

たまたま観たのが早朝のNHKドキュメント番組(再放送)です。
番組を見て宅建で高合格率を出しているのは必ずしもCM等でメジャーな大手ではないことを知り、初めて聞いたフォーサイトという会社をネットで探しました。

 

その後数社のサンプルを比較。
DVDの内容が一番勝っていると感じたのがこの会社にした決め手です。

 

仕事現場はその時々で異なるものの、建築業は夕方の仕事の終了が早いのが特色です。

 

優れた教材を使って、行き帰りのクルマの中で勉強、帰宅後も自宅でふんばることで、学校に通うより内容の濃い勉強ができるのではないかと考えていました。

 

そんな私の計画にうってつけの講座がフォーサイトでした。
ネットで通信講座を比較するなか、DVD(車中学習用)とフルカラーテキストの見やすさに惹かれ選んでいます。

 

フォーサイト宅建講座は、累計5000人以上の人が受講する確かなカリキュラムで、料金は28350円からとなっており、非常にリーズナブルに学んでいく事ができるのではないでしょうか。

実際にフォーサイト宅建講座の資料請求しました!

  

 

 

資料が届き、まず中身を見て思ったことは、とても見やすい資料だと思いました。

 

ほとんどのスクールが実際に使用するテキストの紹介として、資料の1ページ程の内容しか載せていません。

 

でもフォーサイトは
別冊として30ページ程、実際に使用するテキストが届きます。

 

なので、自分がどのような教材で勉強するのか・テキストは見やすいか・分かりやすいかなどが受講する前に確認できるのは嬉しいと思います。

 

実際に使用する教材を紹介しているDVDも届きます。

 

また合格体験記として別冊でまとめた物もあります。
まとめ方も20代・30代と年代別に50代まで分け、全部で21名分載っています。

 

宅建初心者の方・産休中の方・3ヶ月で合格した方など、自分と似たような境遇の方がどのようにして合格したか、とても読み応えもあり、刺激になる1冊だと思います。

 

資料請求しますと毎日、宅建試験の勉強の仕方やフォーサイトの教材の特徴などがメールマガジンとして送られてきます。
正直、フォーサイトの宣伝ではありますが、受験の心構えなど参考にできる内容も多く含まれているので、そういった情報を入手できるのも資料請求の良い点かもしれません。

 

いずれにせよ、フォーサイトの宅建講座を申し込む、申し込まないに限らず、とても受験に役立つ内容なので、一度資料請求しておきたい予備校です。

 

フォーサイト宅建講座関連ページ

資料請求しておきたいスクール
宅建のおススメ通信教育を実際に購入して比較ランキングにしました。
TAC宅建講座
TACは資格スクールとしては歴史の長い、有名なスクールで高い実績もあります。特徴、残念な点などをまとめました。
LEC宅建通信講座
学校が創立されてから25年以上となる老舗の学校で、実績が高いのはもちろんの事、受講生から評判が良いのも特徴となっています。
クレアール宅建講座
クレアールの通信講座では、資格取得に焦点を置いて、余計な学習や行程は省いたピンポイントな教育形態をとっています
日本マンパワー宅建講座
「安いのに内容が充実している」と宅建通信教育の口コミ情報でも満足度が高いのが、日本マンパワーの通信講座「宅建主任者試験合格コース」です。
ヒューマンアカデミーの宅建通信講座
ヒューマンアカデミーの宅建通信講座ではDVDを主体として参考書や演習問題などを回答する形式になっています。
宅建士 通勤講座
宅建士 通勤講座は、音声講座と要点まとめシートによる効率的な加速学習法を売りにしている通信講座です。宅建士 通勤講座 の最大の売りは、ビデオ講座が付いていながら、圧倒的な低価格であることです。
ユーキャン宅建通信講座
ユーキャン宅建通信講座は、DVD「合格ナビ」で宅建試験の概要を把握していきます。 学習法について講師が出てきてわかりやすく説明していますから、 このDVDを見るだけで、宅建試験の特徴や合格のコツ、講座の進め方などがわかるようになります。
大原の宅建通信講座
テレビコマーシャルでもお馴染みの「資格の大原」は、宅建通信教育口コミ情報でも「知名度抜群で安心」との意見が目立ちました。
L・A(エル・エー)
L・A(エル・エー)という資格スクールの最大の特徴は、通信講座に市販の基本書や問題集を利用する点です。
TOP宅建学院
「やっぱり宅建専門校!」と宅建通信教育の口コミ情報でも信頼が寄せられていたのが、通学、通信講座を両方利用できる宅建専門スクール「TOP宅建学院」です。
四谷学院通信講座
四谷学院と言えば、知識ゼロから無理なく合格を目指す独自の55段階学習システムが有名です。
ゼミネット
「ゼミネット」は「新感覚の映像講座」と宅建通信教育口コミ情報でも話題の通信講座です。
総合資格学院
宅建通信教育の口コミ情報でも「講座のクオリティーは受講費では決められない」と高く評価されていたのが、総合資格学院の宅建通信講座です。
DAI-X 宅建通信教育の口コミ・評判
DAI-X 宅建通信教育の口コミ・評判を調べました。
宅建超高速勉強術
市販の資格試験用のノウハウ本を買われたほうがまだ賢明です!