クレアール宅建講座

クレアール宅建講座

クレアールの宅建通信講座では、「安」「楽」「短」という3つのコンセプトを持っています。

 

資格の取得は、その後の仕事に大きく左右する内容ですが、もちろん資格を取得するための勉強で得た知識をその後に役立てる事も一つの大きな目標ですが、ほとんどの場合は資格を取得する事自体に意味があるのではないでしょうか。

 

実際資格は、取得する過程がどうであれ、取ってしまえば皆同じ称号が与えられます。それであれば、余計な負担を軽減してなるべく楽に、最短で安く資格取得を目指した方が得策なのではないでしょうか。

 

クレアールでは、安くて早くて楽にをモットーに通信講座を提供しています。
特に、個人学習をする場合にはモチベーションを維持して最後まで続けられるのかが非常に重要なポイントになってきます。

 

高いお金を支払って途中でやめてしまってはそれこそお金をドブに捨てるようなものです。
続けるか続けないかは個人の意志の問題だと言う人もいますが、これだけ多い通信教育の中では、実際に内容が複雑でわかりづらかったり、テキストが非常に多くて続けるだけでも骨が折れそうな物というのも存在するわけです。

 

クレアールの通信講座では、資格取得に焦点を置いて、余計な学習や行程は省いたピンポイントな教育形態をとっています。
また、宅建の資格内容と科目が共通している資格というのも複数あり、司法書士や行政書士にステップアップしていくためのカリキュラムなども組まれていますので、宅建を基盤にさまざまな資格を狙っていく事もできます。

 

 

クレアール宅建主任者講座の口コミと評判

宅建通信教育の口コミ情報でも「今までにない!」と話題沸騰中なのが、「クレアール」の宅建主任者講座「ハイスピードマスター通信」です。 

 

クレアールは通学コースも利用できる資格スクールですが、「宅建合格請負人」こと氷見敏明講師のハイブリッド講義で人気を集めています。

 

ハイスピードマスター講義なら、その氷見講師の講義も自宅で受講できますから、通信教育派の間でも注目を集めています。
ハイスピードマスター通信講座のDVD講義は、すべて氷見講師のハイブリッド講義になりますし、初めて学習する方でも飽きずにプログラムを進めることができる筈です。

 

他の通信教育講座でもDVD講座やWeb通信はありますが、ほとんどは黒板やホワイトボードを使用する普通の授業です。
その点ハイブリッド講義ではプロジェクター・スクリーンを駆使して行いますから、従来の黒板にはない魅力が満載です。
資料と講義が一体化するプロジェクトスクリーンでの学習は視覚にダイレクトに訴えかける力があり、ただ閲覧するだけでも深く理解しやすくなります。ややこしい部分もスクリーン上に書き込みしながら図解してくれますから、脳も高速で飲み込みやすくなるそうです。

 

標準受講期間は6ヶ月で、添削サービスも5回ついて費用は64,000円ですが、割引期間なら51,200円で受講できます。
25回分のDVD、テキスト3冊、問題集や総合模試2回分、学習ガイドなどがセットになって5万円前後で受講できますから、かなりリーズナブルな宅建通信教育講座と口コミ情報でも高く評価されています。

 

page top