宅建講座 比較 ランキング

通信講座おススメ一覧

今も多い? 受講生無視の講座とは

資格予備校で評価を左右するのは、やはり合格実績や受講生の合格率になります。
資格予備校では、合格実績や高い合格率を作るために、また、口コミでもよい評判を得るために、しっかりと確実に合格できるだけの知識を受講生に覚えてもらうという傾向が強くなります。
そのためには、膨大な学習量を受講生に強いるということになります。

 

確かに、最後まで受講できた受講生の合格率は上がるでしょうが、学習途中で脱落してしまう受講生も大量に出てしまうという現実もあるのです。

 

学校によっては9割が途中で学習を断念すると言いますから、とても残念なことです。

 

仕事や家事を抱えて、勉強する時間があまり取れない社会人にとって、講義を聴くことの他にも、さらに毎日2時間とかの復習や問題演習などをしなければならないとしたら、途中で脱落してしまう受講生が大量に出てしまっても何の不思議もありませんね。

 

そして、途中脱落は受講生の努力不足にされますから、予備校側には、受講生が勉強を続けるようなフォロー体制にあまり力が入っているとはいえません。

 

確かに、大手資格予備校のボリューム満点の教材を見れば安心感はありますね。
しかし、大手予備校が口コミで評判が高いのは、知名度とともに、受講生の数が圧倒的に多いですから、予備校が勧める膨大な勉強法に対応できた受講生の数も圧倒的に多いからです。

 

大手予備校を否定するつもりは全くありませんが、実際にはその6,7割をしっかりとこなせば十分合格圏内に入ることができるという事実をぜひ知っていただければと思います。

 

 

今の時代におすすめの宅建通信講座とは?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された講座。そのような講座であれば、途中で挫折することも少なく、また価格も低く抑えられるはずです。

 

これまでの受験業界は、業界価格がまかり通り、宅建通信講座でも平気で10万円を超える講座も主流でした。
また、今まで述べてきたように、受講生の事情を無視し膨大な学習時間を要求する予備校も多かったのです。

 

しかし、今は低価格で高品質の通信講座が出てきました。
予備校のネームバリューやネットの口コミだけで宅建通信講座を決めないことをおススメします。

 

受験生の合格を最優先にした講座とは?

分厚いテキストを読んで、それが済んだら問題演習・・・。
そのような学習方法を考えている宅建受験生も多いと思います。
これまでの学校生活で慣れ親しんだ勉強法ですし、問題演習という実践も勉強するのだから、この勉強方法に疑問すら感じない受験生も多いと思います。

 

しかし、実際に勉強を進めていくとわかりますが、この勉強方法では、残念ながらテキスト読みの段階で大抵の場合挫折します。
仮に、テキストをある程度読み進めていっても、問題を解いてみるとさっぱり解けないという事態にきっと体験します。
それは、あなたが悪いわけではなく、そのような勉強方法では、そういう結果になることが必然ともいえるのです。

 

では、どうすればよいでしょうか?

 

それは、
最も効率よく、短期間に確実に合格できる勉強方法と講座を提供してくれる講座です。
そんな宅建講座を当サイトではおススメしています。

 

 

選んではいけない通信教育

一昔前までの予備校神話が崩れかけている今、宅建合格を目指すのに通信教育がダントツの人気を集めていますが、予備校同様、宅建通信教育の講座もレベルはピンキリです。
受講の際は慎重に選ぶようにしましょう。
逆に通信教育講座選びさえ間違わなければ、プログラム通り学習を進めるだけで自動的に合格水準まで実力を磨くことができます。 

 

さて、選んではいけない宅建通信教育講座ですが、信頼性抜群の大手予備校開設の通信教育にも要注意です。
予備校が開設している宅建通信教育は実際に学校で授業を受けることができるスクーリングサービスなどが利用できることもあり、かなり評判になっています。

 

もちろん金額は普通の通信教育講座よりも高くなる傾向がありますが、確かに予備校と通信教育の良いとこ取りのような学習スタイルは魅力的です。

 

ただし通信講座によっては、予備校のテキストをそのまま通信講座のテキストとして配布していることもあります。
授業で使われているテキストと聞くと一見良さそうに思えるかも知れませんが、講義向きに作られたテキストの場合授業で補足しやすいようあえて肝心なところを省いている場合もあります。
その点、通信講座専用のテキストはテキストだけで完結するように作成されていますから、読んだだけ、見ただけでスムーズに理解できるようになっています。
テキストは紙媒体にしてもDVDにしても学習を進める上で肝になる要素ですから、口コミ情報は要チェックです。
また、
「分かりにくい」、
「文字だけで退屈」、
「情報が古い」
など評判が悪いテキストを使用している講座も避けるべきです。

 

いくら受講料が安かったとしても、市販レベルのテキストなら通信教育を受講する意味がありませんから。

 

宅建通信講座一覧記事一覧

資料を請求してみて、宅建の仕事について・試験概要など宅建の情報収集出来るスクールは、どのスクールも同じ程度の情報量・内容と感じました。ただ、合格体験記をして別冊でまとめてあり読み応えのあるスクールは、TACとフォーサイトになります。この合格された方々にインタビューし、コメントとしてまとめているのはどのスクールもあります。ただ、ほとんどが“このスクールにして良かった点”だけをピックアップし、いかにも...

「フォーサイト宅建」は、たった3ヶ月での短期合格者も多数輩出している宅建通信教育講座で、合格率も全国平均1.84倍を記録しています。教材は単科講座の「基礎講座」と「過去問講座」の他、「バリューセット」と「直前対策講座」があります。また、それぞれのコースでCDコース、DVDコース、CD DVDコースを選ぶことができます。特に人気を集めているのが、「基礎 過去問講座 直前対策講座」がセットになったバリ...

TACは資格スクールとしては歴史の長い、有名なスクールで高い実績もあります。TACはどの資格においても、短期間で効率よく合格へと導いてくれる学習プログラムになります。なので初心者向けの講座から、あと1歩で合格の方まで対応している講座があり、宅建だけで8種類の講座があります。自分に合ったレベルに合わせて講座を選択できるのは時間もお金も有効的に使う事が出来るのが魅力です。テキストは、各節見出しに星印を...

「LEC(レック)」とは、正確には「LEC東京リーガルマインド」と呼ばれる資格学校で、宅建を始めとして様々な国家資格の講座が設けられており、資格の総合スクールとして全国展開している大手の学校です。学校が創立されてから25年以上となる老舗の学校で、実績が高いのはもちろんの事、受講生から評判が良いのも特徴となっています。資格講座は“宅建”だけでなく“法律系、公務員系、簿記・会計系、労務・キャリア系、不...

クレアールの宅建通信講座では、「安」「楽」「短」という3つのコンセプトを持っています。資格の取得は、その後の仕事に大きく左右する内容ですが、もちろん資格を取得するための勉強で得た知識をその後に役立てる事も一つの大きな目標ですが、ほとんどの場合は資格を取得する事自体に意味があるのではないでしょうか。実際資格は、取得する過程がどうであれ、取ってしまえば皆同じ称号が与えられます。それであれば、余計な負担...

「安いのに内容が充実している」と宅建通信教育の口コミ情報でも満足度が高いのが、日本マンパワーの通信講座「宅建主任者試験合格コース」です。標準受講期間は6ヶ月、受講料は38,850円でWeb添削サービスも5回利用できるコースです。基本的にテキスト教材で学習を進めるプログラムですが、Web添削サービスの「mtest」を利用して質問したり試験関連の情報を得ることが可能です。また、添削提出方法はインターネ...

ヒューマンアカデミーもまた、通信講座のほかに専門校を全国に展開しており、実際に通学する事も可能な機関になっています。ヒューマンアカデミーの宅建通信講座ではDVDを主体として参考書や演習問題などを回答する形式になっています。実際に専門校を構える機関だからこその講義映像で、自宅にいながら学校に通っているような感覚で講義か受けられます。ですが、ここがじつは曲者だと思います。板書のコツコツとした音だけが流...

宅建士 通勤講座は、通勤中や休み時間など、ちょっとした隙間時間をフルで活用できるようスマートフォンなどでの音声講義を聞く勉強で、効率よく宅建士合格の実力をつけることが可能です。また、売りの一つが短期合格できる方法を解説した冊子が付いてくることです。冊子といっても、PDFファイルですが、短期合格のポイント、加速学習による効率的な学習法や学習ツール、試験対策の方法をわかりやすく解説しています。書店では...

ユーキャンとは通信教育を専門とした講座で、宅建試験などの国家資格が多くあることに加えて、趣味に関する講座も豊富にあることが特徴の講座です。多くの方がユーキャンの名前は聞いたことがあるでしょう。ユーキャンはテレビCMなどでもよく見かけるように非常に知名度が高く、通信教育を手がける会社としては大手の一角を担っています。他の資格学校とは異なり、通信教育のサービスのみ展開しているため教室などは存在しないの...

大原とは、学校法人大原学園が経営する資格学校で、「資格の大原」と呼ばれるように様々な国家資格の講座を設けている大手の学校です。学校は全国の28都市に存在しており、宅建の資格講座を設けているのは32校もありますので、全国で講座を受けることができます。テレビコマーシャルでもお馴染みの「資格の大原」は、宅建通信教育口コミ情報でも「知名度抜群で安心」との意見が目立ちました。宅建の試験については一発合格主義...

L・A(エル・エー)という資格スクールの最大の特徴は、通信講座に市販の基本書や問題集を利用する点です。これは、宅建だけでなく、社会保険労務士など L・A(エル・エー)すべての資格講座で行われている手法です。L・A(エル・エー)側のオリジナルで用意されているのは、答練と講義DVDです。市販の住宅新報社のパーフェクト宅建シリーズを中心に構成しています。L・A(エル・エー)の説明では、講座を安くご提供す...

「やっぱり宅建専門校!」と宅建通信教育の口コミ情報でも信頼が寄せられていたのが、通学、通信講座を両方利用できる宅建専門スクール「TOP宅建学院」です。通信講座もCD、DVD講座が用意されています。CD講座は「ゼロから合格!ベーシックコース」のほか、合格お祝い金半額返金対象の「ゼロから合格!パワーUPコース」、「ゼロから合格!必勝マスターコース」の3コースから選択可能です。一方DVDコースも直前期限...

予備校でもお馴染みの四谷学院は、通信講座でも高く評価されています。宅建通信教育の口コミ情報の中にも、「大学受験も四谷だったので…」と長いお付き合いの方は少なくありませんでした。四谷学院と言えば、知識ゼロから無理なく合格を目指す独自の55段階学習システムが有名です。スモールステップで1つ1つステップアップしていきますから、弱点を残すことなく最後まで達成感を味わいながら楽しく学習を進めることが可能です...

「ゼミネット」は「新感覚の映像講座」と宅建通信教育口コミ情報でも話題の通信講座です。サンプル映像や無料体験版で実際の内容を手軽にチェックできるので、映像重視の通信講座を希望している方は是非一度チェックしてみて下さい。コースは期間限定の「短短期1ヶ月コース」の他、既に業界を経験している社会人受験生にもぴったりな「短期3ヶ月コース」、重要事項をじっくり確認できる「標準6ヶ月コース」、そして基礎から合格...

宅建通信教育の口コミ情報でも「講座のクオリティーは受講費では決められない」と高く評価されていたのが、総合資格学院の宅建通信講座です。確かに総合資格学院の宅建通信講座は36,000円と全体の通信講座の中でもかなり安い部類に入ります。ただし元々総合資格学院は通学講座がメインのスクールですから、通信講座もレベルの高い教材を駆使し、充実した内容になっています。長年の指導ノウハウが凝縮されたオリジナルテキス...

「DAI-X(ダイエックス)」は通学コースでも人気のある資格通信講座で、宅建通信教育の口コミ情報でも「学習サポートが充実していて満足」と高く評価されています。講座はWeb講座、もしくはDVD講座になりますが、それぞれ初心者向けの「宅建 短期速成マスターコース」、「宅建 合格総合マスターコース」、「宅建 標準マスターコース」、それに経験者向けの「宅建 答練パック」と資料講座の「宅建試験 公開模擬試験...

1年という短期間に、宅建、社労士、行政書士に合格した著者が書いた独学合格法のマニュアルが、この「宅建超高速勉強術」です。宅建の勉強期間は初学者で通常半年必要とされていますが、「宅建超高速勉強術」なら初学者で2ヶ月、 基本学習が終わっているような上級者は1ヶ月で合格しますという点が大きなセールスポイントです。さらに、この勉強法をこれまで300名の方に伝え実践した結果、なんと合格者298名の実績が出た...

page top