宅建講座 講座 学習期間

講座の学習期間

宅建通信教育の口コミ情報をチェックするとお分かり頂けるように、同じ宅建通信講座でも学習期間はそれぞれ異なります。

 

大手の通信教育だと宅建関連だけでも複数の講座を取り揃えているようですが、いずれにしてもご自身の目標期限やペースに合わせた講座を選ぶことが重要です。

 

宅建通信教育の学習期間は「短期」、「中期」、「長期」の3種類に大別することができます。

 

急いでいる方、集中して学びたい方に最適な半年未満の短期講座を取り扱っているのは、3ヶ月から4ヶ月が目安の「1日30分宅建合格マニュアル&テキスト」「クレアール」や「ヒューマンアカデミー」、5ヶ月設定の「資格の学校TAC」などがあります。

 

尚、TACは同じ5ヶ月コースでも初学者用と経験者用の講座がありますから、要注意です。

 

逆に、「1日30分宅建合格マニュアル&テキスト」は、1日30分という基準ですから、仮に1日2時間の勉強時間が取れれば30日で終了してしまいますから驚異的ですね。

 

続いて学習時間300時間、半年前後の中期で学べるのは、「LEC」や「宅建TLTソフト」、「ユーキャン」、「ダイエックス」、「伊藤塾」、「クレアール」、「日本マンパワー」、「Wセミナー」など。

 

そして半年以上の長期プログラムを組んでいるのは、「資格の学校TAC」、「LEC」、「ダイエックス」、「クレアール」、「資格の大原」などの通信教育です。

 

もちろん通信教育側で掲げている学習期間、学習時間はあくまで目安です。

 

同じ3ヶ月コースでも働いている社会人と学校に通う学生、無職でオールタイム勉強に時間を費やせる受験生とでは事情が異なりますよね。

 

講座を選ぶ時には体験者の口コミ情報などをじっくり確かめ、自分と同じような状況の受講生が多そうなところを選ぶのがコツです。

講座の学習期間関連ページ

4つの基準で講座を選ぼう
勉強時間の少ない受験生なら、合格最優先に作られた宅建講座を選びたいものです。 そのために、4つの基準で講座を選ぶと選びやすいと思います。
講座の費用と合格率の関係
高い受講料の宅建通信講座や宅建通学講座が必ずしも合格率が高くないこともあります。
初学者対象講座
宅建通信教育講座は、「初学者対象」と「経験者対象」の2種類に大別されます。