宅建講座 通信講座 通学講座 比較

通信講座と通学講座の比較

宅建通学講座の特徴

宅建の勉強スタイルとしては、通学講座=「スクールに通う」という方法があります。
スクールに通うことのメリットとしては、一人で勉強しているよりも効率よく勉強ができるというところでしょう。 

 

宅建の勉強は最低でも300時間が必要といわれる程範囲が広いです。
そのため、これから宅建の試験合格のための勉強を始めようと思っても、何から手を付けたらいいのかわからないのです。そして、勉強方法もどうしたらいいかわからなくなります。

 

また、宅建の資格試験は、大きく分けて4つの分野に分けられますが、そのすべての分野を平均で点数を取らなくてもいいのです。
トータルでおよそ35点くらい取れば合格ラインに到達するのです。
ですから、力を入れて勉強すべきポイントと、おおまかでいいポイントがあるのです。 
スクールでは、宅建の試験の傾向を分析して、より効率よく勉強ができます。

 

一方、
スクールに通うデメリットとしては、やはりお金がかかるという事でしょう。
もちろんそれで合格できればいいですし、不合格でもスクールによっては合格保証がついていて、次の年はお金がかからないところもあります。そしてスクールで勉強したことは、きっと身になっています。

 

ですが、宅建を受けようとする人の1〜2割はあまりの範囲の広さに途中で挫折する人もいるのです。 

 

そうなったらまるっきりスクールの代金が無駄になります。
独学であれば、参考書や過去問だけですみますので、無駄なお金が少なくて済むのです。

 

また、スクールによっては昼間のカリキュラムしかないところもあり、そうなると働きながら宅建を目指す人は通えません。スクールに通う場合は本当に本気で宅建を目指す人にオススメです。

 

 

通学講座の場合は、大きなメリットとして、まず専門の講師による講義を直接に受けられることです。
さらに受験仲間からの刺激や講師との直接の触れあいがあり、直接の勉強内容以外でも得るものもあるでしょう。
講義を受けることは、勉強時間の短縮に大きく役立ちます。

 

3時間本を読んでもわからない箇所が講義を聴くと、あっという間に理解できたということはよくあることです。
また、専門の講師に質問や確認ができるのも、大きな利点です。

 

ただ、これは通学講座だけの特徴ではなく、通信講座でも講義付きのコースを選ぶことで、通学講座に負けない講義を受けることができます。

 

デメリットとしてまとめますと、

  • 事前に教材の中身を見ることができない⇒教材が自分に向いているかどうか判断できない(通信講座も同様)
  • 独学や通信講座と比べて一般的に値段が高い
  • 通学のための移動や交通費・時間の制約がある

このような点があげられるでしょう。

 

価格が高いという点ですが、通学講座というものは、当然に教室が必要になります。
この運営費はかなり大きいことから、どうしても講座の費用に上乗せせざるを得ないために、料金体系が高額になってしまうのです。

 

また、大手受験スクールでは、膨大な受験知識は覚えさせようとしますが、
具体的な勉強方法を教えることはおざなりになっていることが多いので、勉強の習慣がついていない受験生ですと、途中で挫折することが多い面もあります。

 

「宅建」の学習をする場合、これまでは資格講座がある予備校に通うのが最もポピュラーな学習方法だといえました。

 

ただインターネットで検索してみると、宅建の講座を設けている予備校は非常にたくさんあり、どこを選んでよいのか分かりづらいといえます。
自分に適した学校の選び方として、どのような部分をポイントとして比較すればよいのでしょうか。

 

まず最初に最も大切なのは、自身が学校に通える範囲内にあるかという点です。
「宅建」の場合はすでに仕事をされている方が受験されている場合が多いので、自宅と職場を繋ぐラインからあまり遠くまで離れてしまうと、かなりつらいものがあります。

 

仕事帰りに立ち寄れる範囲内の学校を探すという選び方はとても大切だと言えます。

 

また受験生の方でもそれぞれ下地があるかないかで学習方法は変わってきますので、一つの予備校の中でも目的や期間に応じて複数の宅建コースが用意されている方が良いでしょう。
すでに多くを理解している方であれば短期間に集中したコースで十分ですし、また初歩から習いたい方であれば半年ほどじっくり時間を掛ける必要がありますね。 

 

なお予備校の選び方として金銭的負担を真っ先に挙げる方もおりますね。
基本的に通学講座に掛かる費用は安いものではありません。

 

それも、それぞれに大きな差があって、もし通学講座を受けるのであれば、できれば教育訓練給付金制度がある所を選んだ方が良いかもしれません。
この制度は国からの補助金で講座の受講費用のいくらかを肩代わりしてもらえるもので、講座を受けるメリットにもなります。

 

「宅建」の試験合格をめざして資格学校に通学する方は非常に多くおります。
なにしろ毎年20万人近くが受験して15%程度しか受からないのですから、資格学校に通って一からしっかり学ぶということが合格の一番の近道だと思ってしまうんですね。

 

では通学で合格を目指す場合に、資格学校ではどのように授業が進められていくのでしょうか。

 

講座の詳細については、それぞれの学校で様々なコースがあるため一概には言えませんが、基本的にはインプットとアウトプットを織り込み理解を深めていくことになります。

 

標準的な講座の場合、まずはインプットとしてそれぞれの科目ごとに授業が進められていきます。
何を学習するのか全体像を見ながら基礎固めを行なっていき、やがて実戦力を養なうための過程に入っていきます。
その中ではアウトプットとして合格テスト、全国統一公開模擬試験、直前予想模試なども挟まれていますので、現在の学力をよく知り、苦手分野のあぶり出しをして、総合的に学力を補強して合格を目指します。

 

また資格学校ではそれぞれで特徴あるサポート体制を整えていますので、ただ授業で一方的に話を聞くのではなくポイントを抑えた学習もできて、理解の程度を飛躍的に伸ばすことができます。

 

宅建の講座を開設している資格学校は、大小あわせて全国に隈なく存在します。
10万円前後と若干費用は掛かりますが、どうしても自宅で学習する習慣が身につかない人は、専門学校に通学するという方法があります。
専門知識を持った講師陣がそろっている(そういうところを選びましょう)ので、合格のポイントを確実に捉えることができます。

 

模擬試験は宅建合格に有効なのか?

さて、あなたは今の生活においてどれぐらい疲労を感じておいでですか。
学校や仕事がある状態で宅建の学習をすることはとても大変なことです。その上通学をするとなると、さらに体力を使うことになります。
教室で爆睡なんてことになったら、お金の無駄です。

 

講義が土曜日日曜日だけのところもありますので、ご自分の状況に合わせて、カリキュラムを選びましょう。 

 

専門学校が提供してくれるサービスの中で、是非とも利用したいのが模試です。
試験の雰囲気になれるために1度は受けておくことをお勧めします。

 

ただ、模試を受ける方にお知らせしたいことがあります。模試の点数だけにこだわって一喜一憂することはあまり好ましくありません。模試の結果は「今」のあなたの知識と試験に対する能力を表したものです。 

 

大切なのは、
なぜ、上手くいったもしくは上手くいかなかったかを自分で時に人の助力を得ながら論理的に考えることなのです。
模試で失敗する分にはとても良いことなのですよ。

 

少なくとも試験本番で同じ失敗をすることは無くなりますから。会場の雰囲気にのまれたなら、自分の緊張をほぐすすべを身につけましょう。
遅刻したなら次は早く出ましょう。こうやって、試験当日にする失敗をできるだけ潰していくことが試験に強くなるコツなのです。

 

 

宅建の通信教育

予備校に通うお金が無い、そして時間が無い、と言う方は通信講座で宅建試験の学習をすることが可能です。
通信講座と言うと、費用が心配と言う方が多いのですが、6〜7万円程度あれば意外と沢山の講座を選ぶことができます。中には分割払い(ユーキャン等)をしているところや合格祝い金が出るところもあります。 

 

通信講座と独学を引き比べた時に、一般的に真っ先に挙げられるメリットは、まずテキストを自分で探し回らないで済むという事です。
必要な物は1式つけてくれますから、悩まずに済みます。

 

今、「一般的」にと書きましたが、実は通信講座と独学を分ける大きな違いがあります。

 

それは、
どれだけ勉強すれば合格できるかという目安を通信講座は教えてくれるということです。
与えられた教材を確実にこなせば、確実に合格ラインに到達することができます。

 

一方、独学の場合は、膨大な量のテキストをひたすら読んで問題演習をするパターンに陥り、あまりに多いボリュームに圧倒されて、合格の手応えも全く感じないまま、勉強途中で挫折していまうパターンが非常に多いのです。
宅建試験の勉強スタイルとしては自宅にいながらスクールと同じような勉強ができる通信教育システムがあります。

 

通信での勉強のメリットは、自分のペースに合わせて勉強ができるということでしょう。
もちろん、独学も自分のペースでできますが、それよりももっと効率よくスクールのように勉強ができます。

 

スクールのスケジュールに合わせて授業をすると、どうしてもついていけない部分も出てくる人がいます。そうなるとなかなか合格は難しくなります。

 

また、仕事をしながら宅建の資格を取得したいと思っている人も多いですから、そういう人は特に通信が向いています。
日中は普通の仕事をしながら、帰ってきてから数時間でも宅建の勉強をすればいいので、収入を確保しながら資格取得を目指せるため、金銭的にも難しくないでしょう。
最近ではインターネットを通じてオンラインで講師の先生と話をすることもできます。 

 

ただ、デメリットとして、自分のペースでできる分、強い意志がなければ長続きしないということがあります。
1ヶ月みっちり勉強するのであれば集中力が持続できるかも知れませんが、宅建の勉強は約1年間は勉強しなければいけません。
また、仕事をしながらでも目指せるといっても、正直言って容易なことではありません。

 

毎日1日1時間勉強しても勉強に1年はかかるのですから、仕事で疲れて帰ってきて、毎日机に向かうのは無理があります。通信教育といえども、費用は独学よりもかかりますから、無駄にしてしまうこともあるでしょう。

 

宅建合格のカギは問題集や過去問の演習

宅建試験を含む国家試験攻略においては、過去問題を含めた問題演習が不可欠です。
特に宅建試験においては、過去問題は必ずやらないといけないものです。

 

学校のテスト勉強の延長で勉強している方がいますが、資格試験の勉強は学校のテスト勉強とは根本的に違います。いくらテキストを読んでも問題を解く力が付かなければ本番で問題は解けません。

 

残念ながら、受験生の中には、次から次にテキストを買い求め、結局最後までテキストが終わらない→当然過去問まで手がつかない
というテキストマニアが多いのも事実です。これでは何年かかっても合格は叶わないでしょう。

 

とはいっても、やみくもに問題を解けばいいというものでもありません。
問題集、過去問題にどう取り組めばいいのかという具体的な方法論も大事になってきます。

 

宅建試験の勉強の基本

宅建試験の勉強の基本は、とにかくひたすら勉強することだといわれます。平均で300時間勉強しなければ宅建試験に合格はしないと言われています。
そのため1日1時間の勉強なら、1年は勉強しなければいけない事になります。 

 

一般的には、テキストや参考書などで知識をある程度身につけた後に、過去出題された問題にトライしてみるという受験生が多いでしょう。 
ところが、問題があまりに解けない現実にビックリするかもしれません。 

 

これは、多くの受験生が経験することで特別ではなくいわば当たり前ともいえるのです。 

 

宅建のような国家試験の場合、テキスト中心の学習ではなく、問題集中心の勉強に切り替える必要があります。
何も、テキスト中心の勉強では合格できないのではなく、効率の悪い勉強法になるということです。
問題集を解くことで出題方法、出題傾向もわかりますし、時間を計ってやってみれば、実際の試験のようなペース配分の確認もできるでしょう。

 

そしてなにより、過去に出題された問題から、まるまるではありませんが、同じような問題が2〜3割出題されると言われています。過去問を勉強しマスターしていれば、試験問題の2〜3問は正解できるということです。 

 

もちろん、その年によって傾向も変わる可能性もありますが、過去問を勉強したことは少なからず身についてくれるでしょう。ただ、過去問の場合、法改正により正解ではなくなることもありますから、しっかりとその点はチェックしておきましょう。

 

宅建テキスト・参考書

宅建試験の勉強方法としては、まずテキストや参考書を使って勉強するのがいいでしょう。
テキストや参考書はスクールや通信などで支給されるものを使用したほうが試験のポイントなどがわかりいいかも知れません。また書店でも今は宅建向きのテキストや参考書がありますからそれを使っても問題ありません。

 

勉強方法としては、問題集をひたすらとくという人もいますが、問題集だけでは拾いきれないような内容もありますし、問題集だけでは限界があります。
まずは参考書やテキストから勉強をして、宅建に関する基礎を学ぶといいでしょう。

 

テキストや参考書を購入する際には、宅建業法、権利関係、法令上の制限、その他の分野がありますから、それぞれのテキストや参考書を購入するといいでしょう。
小さな書店にはないかも知れませんが、インターネットショッピングでも簡単に購入できますから、そちらから購入してもいいでしょう。
また、安く購入するにはネットオークションなどを利用してもいいかも知れません。

 

ただ、このときの注意点として、古いテキストや参考書は選ばないようにすることです。
法律については毎年のように法改正が行われています。そのため古いテキストや参考書ばかり勉強していると、法改正になった問題が出ると間違ってしまいます。
しかも試験には法改正の内容も多く出題されますから、特に注意が必要なのです。

 

テキストや参考書はただ読むのではなく、隅々まで覚えるようにすれば、問題集がなくてもある程度は答えることができるでしょう。

 

過去問を解く

宅建試験の勉強で欠かせないのが過去問を解くことです。
過去問とは、その名の通り、それまでの宅建試験に出題された問題です。
過去問といっても、宅建試験は1年に1度の試験で、50問の問題になりますから、過去10年分の試験問題をチェックしても500問にしかなりません。そのため、1日50問やったとしても10日で終わる量です。

 

過去問を勉強しても、過去の問題がまた宅建試験にそのまま出るわけがない、と思う人もいるでしょう。
もちろん一字一句違わない問題が出ることはないでしょうが、同じような問題は傾向として必ず出ています。
それも前試験問題の2〜3割は過去問の中から似たような感じで出題されるのです。

 

ということは、過去問だけを完璧に覚えてしまえば2〜3割は正解できるということになります。
宅建試験の合格ラインが70%の正解率(35点程度)ですから、実に3分の1は過去問の問題集を解くだけで獲得できるというわけです。
ただ、過去問を勉強する際に注意しなければいけないのは、法律は改正されることがあるということです。
過去問そのものを鵜呑みにしてしまうと、不正解になってしまいます。法改正のあったポイントは出題されやすいですから特に注意が必要です。
また過去問そのものを出題するのではなく、それを少し変えて出題されますから、その変化に気付くことが大切です。
過去問の問題集を勉強すること自体はそれほど時間もかかりません。ですが、完璧にするには1問1問正しいかどうか、間違いやすいポイントなども把握しておくといいでしょう。

 

 

宅建予想問題を解く

宅建試験の勉強方法としては問題集をひたすらやるという方法もあります。
問題集といっても過去問だけではありません。今年の試験に出そうなポイントを予想した問題集も勉強しておきましょう。

 

予想問題集は書店などでも販売されていますし、スクールなどでは、そのスクール独自の予想から導き出した予想問題を勉強することができます。
スクールに通うメリットとしては、こういった予想問題を数多くチャレンジできるという点もあります。

 

もちろん、予想問題から出題されるということはありません。あくまで予想ですから、ハズれることは多々あるでしょう。
ただ、予想問題と似た問題が出題されることは十分に考えられます。
また、宅建の資格を取得して、不動産関係の仕事をしようと思うなら、予想問題だろうと何だろうとすべて把握していなければいけませんから、試験に出ないからわからないでは済まされません。

 

スクールによっては、予想問題的中率が高い、と謳ってるところもありますが、あながち的外れではないということですから、やってみる価値はあるでしょう。
過去問題は完璧にわかるが、予想問題になると全くわからないということであれば、それは覚えているとは言い切れません。

 

過去問題も予想問題も難なく合格できるようなレベルであれば、実際の宅建試験も恐れることはないでしょう。
また、過去問は問題数は限られますが、予想問題はいくらでもあります。
そのため、最終的な勉強方法として予想問題をひたすら解くことがいいかも知れません。

口コミ情報 予備校に通うべきか

ネットの口コミを調べると、
「宅建通信教育か予備校か…」と、決めかねている方は大勢いらっしゃいます。

 

通信教育を選択した後も「やっぱり予備校にすればよかったかな」などと未練を残し続けたり、
万が一不合格だった場合「予備校に通わなかったからだ!」などと予備校のせいにしている口コミ情報もたまに見掛けます。

 

これは頑張れば独学で合格できる、と言う独学幻想同様、予備校に通っていれば合格できる、と言う予備校幻想です。

現在日本の通信教育はリーズナブルな価格でハイレベルに進化していますから、予備校通学と通信講座で学習内容にそう大きな違いはありません。

 

予備校が開設している通信講座も大人気です。

 

iPodを活用した宅建の「通勤講座」など、最近の宅建通信教育講座は驚く程ハイクオリティーです。

 

実は同じ通信教育でも人気度、注目度によって会社の力の入れ具合は異なります。
これは通信教育会社で働く側の人間の口コミ情報です。

 

やはり需要のある講座はテキストや添削サービスなども充実させるようです。

 

そして宅建は天下の国家資格ですし数ある資格の中でも特に人気の高い資格です。
時代や流行に左右されることもありませんし、ずっと定番の人気資格ですよね。

 

ですから、どの通信教育でも宅建資格講座は力を入れているので一般論としては外れを引きにくいと言えるのかもしれません。

 

それに実技試験を伴わない宅建は通信教育で学ぶのにぴったりの資格とも言えるでしょう。

 

予備校通学の場合、費用も最低15万円から20万円近くかかってしまいます。
講座の追加や模擬テストなど諸々のオプションで30万円近く必要なスクールも珍しくありません。

 

「同じ目的の仲間が増える」などメリットももちろんたくさんありますが、必ずしも予備校通学がベストではないことは覚えておきましょう。

 

実際、

  • 「予備校帰りの無駄話が断りにくく、すぐ復習したいのに中々帰れない」、
  • 「クラスの派閥があり仲間外れに」

なんて口コミ情報も寄せられています。

 

 

通信講座と独学の比較はこちらをご覧ください。
  通信講座と独学の比較

通信講座と通学講座の比較関連ページ

通信講座と独学の比較
宅建の勉強通学講座、通信講座、独学という選択肢がありますが、多くの受験生は、最も費用の安い独学を一度は検討するでしょう。
年間スケジュールの大切さ
宅建通信教育で学ぶ場合、口コミ情報でも合格の秘訣の1位2位を争う程多い意見が「年間スケジュールを立てること」です。
口コミを鵜呑みにしない
宅建試験合格のための勉強法やおススメの通信教育を徹底比較してランキングにしました。
宅建科目
宅建科目
宅建試験の合格率や合格ライン
宅建試験の合格率や合格ライン
テキスト、問題集、どう勉強する?
宅建 勉強方法