宅建講座 口コミ

口コミを鵜呑みにしない

宅建通信教育の講座を選ぶ時、実際に利用した方の口コミ情報は役に立ちますが、同時に
「口コミ情報を鵜呑みにしない」
と言うのも重要な心構えです。

 

なぜなら、当たり前のことですが、宅建を目指す理由や現在の状況は一人一人違います。

 

例えばよく「お金も時間も使わず、3ヶ月で宅建に独学合格」なんて口コミ情報も見掛けます。
確かにあまり苦労せずに短期間で独学で合格している方もたまにいらっしゃるようですが、
そういった口コミ情報を鵜呑みにして独学学習を真似、とても合格レベルに追いつかずに結局宅建通信教育で再受験することになったケースは後を絶ちません。

 

特に「楽に」と言う口コミ情報には要注意です。

 

まず、高校の時の期末試験や大学受験などこれまでの試験経験を振り返り、自分が本当に予定通り学習を進め目指す点数を取ったことがあるなら、資格試験も難なくパスできるかも知れません。

 

けれど今まで試験に苦労してきた経験があるなら、ご自身の時間管理能力などを過信せず、自動的にペース配分してくれる通信教育を選ぶのが無難です。

 

また、同じ3ヶ月でも現在無職の方なら、学校に通ったりアルバイトやお仕事で働く時間に煩わされることなく、1日何時間も学習にあてることができますよね。

 

逆に「この予備校に通えば確実に合格できる」と言う口コミ情報があったとしても、自分がその予備校費用を捻出する為にアルバイト時間を増やさなければならないとしたら…など、事情は人それぞれです。

 

口コミ情報は発信者がどれぐらい自分と同じような環境にいるのか、総合的に照らし合わせることが重要です。

 

宅建資格を通信教育で目指す方の為に、実際に使える最新口コミ情報をまとめてみました。 

 

不動産業界のスペシャリスト資格と言えば「宅建」ですよね。
宅建こと「宅地建物取引士」は不動産業で最も基本的かつ必要不可欠な国家資格です。
しかも宅建は専門的な資格であるのにも関わらず不動産業者以外にも職の可能性が幅広い点が特徴的です。
土木や建設会社、住宅機器メーカーやリフォーム会社などの建築関係、不動産管理会社、銀行、保険会社、不動産ファンド会社、コンサルタントなどの管理・金融方面など、幅広い業界で活躍することが可能です。

 

宅建の資格は、学生はもちろん社会人にも人気のある資格で、国家資格ランキングでも常に1位2位を争っています。
毎年20万人以上が受験を申し込んでいることからも、宅建資格を取得するメリットが十分にあることがお分かり頂けると思います。

 

さて、宅建資格合格を目指す方法ですが、今一番需要が高いのは通信教育です。
一昔前まで予備校が支持される風潮がありましたが、最近は社会人受験生が増加していることからも通信教育で学ぶ受験生が増えています。

 

ほとんどの企業は社員の資格取得を応援していますが、支援対象となる資格も1位に宅地建物取引主任者資格がランクインしていますし、有資格者の給料には毎月5000円から30,000円前後の資格手当がプラスされます。

 

予備校に通う時間が惜しい程多忙なスケジュールに追われている学生も少なくありません。複数資格を同時期に目指す場合も、予備校は必ずしもベストな学習方法ではありません。 

 

空いた時間をフレキシブルに活用できる通信教育は、口コミ情報でも圧倒的な人気を集めています。
また、最近の宅建通信教育は本当にクオリティーが高くなっています。

 

昔の通信教育はご自宅でコツコツとテキストを進めるスタイルで、正直根気が必要でした。
けれど最新通信教育講座はウェブ講座やDVD講座、iPODなどの携帯音楽プレーヤーを駆使し移動時間をフルに活用できる音声講座など、楽しみながら学習できる上、繰り返し学習できるので予備校よりも遥かに深く理解できるとの口コミ情報もあります。

 

そもそも宅建とはどんな資格?

宅建試験とは、国家資格である宅地建物取引士を法令に基づいて選別するための資格試験です。
土地もしくは建物の売買契約に立ち会い、売り手買い手双方の利益を守り適正な商取引が行われるようにするのが宅地建物取引士の役割です。

 

宅建試験自体には、特に決まった受験条件と言うものが無く、誰でも適切な申し込みをすれば受けることができます。
ただし、合格後宅地建物取引士を名乗るには、2年以上の実務経験もしくは、定められた教育機関(専門学校、通信講座等)で講義を修了する必要がありますので、これから受験する方は、ご自分の職歴もしくは学習歴などをご確認ください。

 

因みに、登録は合格後すぐでなくとも可能なため、実務経験を積んでから主任者としての証明書を手に入れる人もいます。

 

試験は50問選択式、試験時間は120分です。登録講習を受けた人は、5点分の免除制度があり、110分となります。宅建業法等4つの領域から出題され、回答は選択式マークシートです。

 

他のいくつかの資格試験では、回答終了後の途中退席が認められていますが、宅建の場合は途中退席は不可、万が一した場合は採点してもらえず合格の権利が失効する形になっていますので、注意してください。

 

2時間と言う時間は試験としてはやや長丁場です。
途中で集中力が切れることが無いように、前日は早く寝る、当日の朝食、昼食は胃に負担の無いものを取る等の工夫をしてください。

 

たまにゲン担ぎにカツを食べる方もいますが、胃もたれにつながることが多いので受験生にはお勧めできません。
毎年10月の第3日曜日に行われる宅地建物取引士の試験は、これから不動産業そのほかに関わっていこうと言う人はぜひ受けたい試験です。

 

宅地建物取引士の資格は法令によって定められた制度であり、一定の規模の事業所もしくは取引の現場では、有資格者を置くことが義務付けられています。

 

合格後有資格者として登録を受けるには、実務経験2年もしくは定められた教育機関にて講習を受ける必要があります。合格して時間がたっても登録をすることは可能なので、ご安心ください。

 

宅建の勉強法には、専門学校に通学する、通信講座を利用する、同じ資格取得を目指す人が集まってグループ学習をする、独学で頑張ると言ったものがあります。
どのような手法を取るにせよ、自分の気質や残り時間を考え、合格への最短ルートを模索することが必要です。

 

試験日まで「時間が無い」と慌てている方は、まず、落ち着きましょう。
要らぬ心配で不安を募らせることが1番の時間のロスです。

 

気持ちを落ち着かせ、学習の環境を整えたうえで、学習の根幹となる基礎を重視して学習する、成功者の教えを請い、彼らの行動思考パターンを真似する、過去問題集を解き、設問の癖を見極める等の実践的な努力をするべきです。
因みに、どんな試験でも、合格する人はあたりまえのこと、例えば、模試や通信の課題は見直す、会場の状況を把握して、問題が起きそうな部分は先回りをして対処する、当日口に運ぶものに気を付けると言ったことを小さくコツコツと行える人です。

 

残念ながら、1足とびに楽をして合格をするということは大天才にも無理なことです。
小さな「成功」「上手くいった」を積み上げ、自信をつけて、堂々と本番に臨む準備を今日からなさってください。

 

因みに、このサイトでは勉強法をご紹介していますが、残念なことにすべての人にピッタリの学習法と言うものはこの世には存在しません。

 

敵を知り己を知れば百戦危うからず」この言葉を皆様にお送りします。

口コミを鵜呑みにしない関連ページ

通信講座と独学の比較
宅建の勉強通学講座、通信講座、独学という選択肢がありますが、多くの受験生は、最も費用の安い独学を一度は検討するでしょう。
通信講座と通学講座の比較
通学講座や通信講座のなかで、効率良く合格できる勉強法を具体的に示してくれる通信講座があることから、通信講座をおススメします。
年間スケジュールの大切さ
宅建通信教育で学ぶ場合、口コミ情報でも合格の秘訣の1位2位を争う程多い意見が「年間スケジュールを立てること」です。
宅建科目
宅建科目
宅建試験の合格率や合格ライン
宅建試験の合格率や合格ライン
テキスト、問題集、どう勉強する?
宅建 勉強方法