宅建 勉強方法

テキスト中心学習のワナ

宅建受験初心者の多くは、まずテキストの勉強でつまずきます。
勉強のコツがわかっていないので、テキストの内容をすみからすみまで理解して覚えなければいけないという勉強になってしまうのです。

 

こうなってしまうとテキスト読みにのめり込んでしまい、宅建試験に合格する勉強をするという、そもそもの目的自体を忘れてしまいます。

 

さらに、市販や通学講座・通信講座の多くのテキストは、分厚くて読みづらい内容のものが多いため、理解しにくい、覚えにくい、読んでも読んでも1回目が終わらないといったことになります。

 

特に、市販のテキストの多くは、過去に出題された範囲を網羅しようとするために、膨大なページ数になってしまいがちです。
つまり、テキストというより辞書になっているのですから、これを読破して内容をすべて覚えようとすること自体に無理があるのです。

 

このような勉強方法を続けていると、ついつい勉強する気をなくしてしまい、途中で挫折してしまう受験生が実に多いのです。
さらに厄介なのが、
仮にテキストを繰り返し読むことができたとしても、いざ問題を解いてみると、呆れるほど問題が解けないという事態に陥るのです。
そこで近年では、受験予備校でも、このような途中挫折組を減らそうと、テキストに工夫をしているところも増えてきました。
少ない分量だけをきちんと覚えるほうが合格に直結すると考えで、市販のテキストの半分程度にボリュームを抑えたテキストを作っています。

 

例えば、フォーサイトの宅建通信講座のテキストの分量は、従来の市販されている宅建テキストなどと比べると2分の1以下の分量です。
しかし、これが宅建に合格する勉強のコツかといえば、残念ながら、そんなに簡単なものではありません。

 

宅建テキストは薄いだけでもダメ

仮に苦しみながらでも、テキストを一通り読んだとしましょう。
次に、問題を解いてみて、多くの受験生は唖然としてしまいます。

 

なぜなら、ほとんどの問題が正解できないからです!
あまりに問題が解けないために、問題を解くことをあきらめて、再びテキストに戻ってしまうことも多いでしょう。
こうなると、勉強した割には、さっぱり本番で問題が解けない、自分には宅建試験はハードルが高いのではないか・・・
などなど、マイナス思考に陥ってしまいがち。
勉強を始めた頃の強いモチベーションも急速にダウンしてしまうのです。

 

これは、本人の能力の問題などではなく、勉強法を知らないだけです。
テキスト中心学習は、小さい頃から慣れ親しんだ勉強法なので、多くの受験生は無意識のうちにこのテキスト中心勉強法を選択するでしょう。
しかし、いくら、テキストがカラフルでボリュームが少なくても、勉強方法が間違っているために、合格するための実力がなかなか身につかないのです。

 

ここに、大きな落とし穴があります。

 

逆に、合格のコツさえつかめば、難関だと思われた宅建試験も大きな展望が開けることを実感できるでしょう!

 

 

宅建合格のコツは、プロから勉強法を聞くこと

では、どうすればよいのでしょうか?
一番の宅建合格のコツは、その道のプロから勉強法を聞くことです。

 

多くの受験生を教えてきた実績のあるプロ講師から、多くの受験生が陥る勉強法の罠と、最も効率よく合格するための勉強法を聞くことが宅建合格の近道です。
さらに、勉強法を具体的に指導してくれるマニュアル付きの通信講座であれば、迷わず勉強に専念することができます。

 

残念ながら、多くの宅建受験スクールでは、立派な教材は提供してくれても、学習初心者がいかに勉強を進めれば効率よく宅建試験に合格できるかという方法論は二の次です。
せっかくスクールに通っても、実際には自分の経験や判断で勉強法を考えていくしかないのです。
確かに、具体的な勉強法をスクール側が教えたとすると、合格できなかったときに責任がとれないということがあるのかもしれません。

 

しかし、これからの国家資格の受験業界は、このソフトの部分をもっと強化していかなければ、本当の受験生の目線に立っているとはいえないと思います。
また、これからは生き残っていけないと思うのですが、いかがでしょうか?

 

宅建受験予備校では、
ユーキャン,フォーサイト,LEC東京リーガルマインド,資格の学校TAC,ダイエックス,資格の大原,クレアール
こういった講座が有名です。

 

今は、インターネット上で簡単に資料請求もできるようになってますから、こういうものも活用するとよいでしょう。
ポイントとしては、テキストだけの勉強ではなかなか得点が伸びないため、問題演習が充実している講座を優先して選択されることをおススメします。

 

グループ学習

インターネット検索をしていると宅建のグループ学習、いえ、グループ学習自体が高い評価を受けてはいないことが分かります。
しかし、筆者はあえてグループ学習はやりようによっては大変高い効果をあげることのできる手法だということを皆さまにお伝えしたいと思います。
なぜならば、学生時代、グループ学習で、一緒に学習した全員の学力があがった経験があるからです。

 

後輩に教える形をとっていたので、うかつに間違った解説ができず、指導する前に相当の時間を割いて事項のチェックをしていました。
教えて感謝されると気分がよくて、次の学習の準備に身が入ったものです。

 

グループ学習のコツは、
ライバルを作る、生徒を作る、まったく違うタイプの人間と一緒に勉強する
ことなどです。

 

似たような状況の人間が集まって互いに励まし合うというのも手なのですが、学習意欲が無い人同士が寄り集まっても、一緒にさぼってしまうだけですのであまりお勧めできません。
時間が無い時は、全く異なる得意分野を持つ人間同士が講義をしあう方式にした方が早く学習が進みます。
できたら、ご自分より学習進度の早い人と同じぐらいの人、遅い人が必ず入る構成にしてください。
早い人を見れば、自分も負けるもんか、と思ってスピードアップしたり、分からないところを教わることもできます。
その人の要領のいいところをまねることも可能です。
遅い人を見たらほっとすることができるうえ、その人に教えることで自分の学習も進みます。

 

グループを崩壊させないコツは、互いに尊敬しあう事です。
相手のいいところを見つけたら、即褒める、教えてもらったら「ありがとう」を言う。それだけでも、意欲の低下を防げるということを覚えておいてください。

テキスト、問題集、どう勉強する?関連ページ

通信講座と独学の比較
宅建の勉強通学講座、通信講座、独学という選択肢がありますが、多くの受験生は、最も費用の安い独学を一度は検討するでしょう。
通信講座と通学講座の比較
通学講座や通信講座のなかで、効率良く合格できる勉強法を具体的に示してくれる通信講座があることから、通信講座をおススメします。
年間スケジュールの大切さ
宅建通信教育で学ぶ場合、口コミ情報でも合格の秘訣の1位2位を争う程多い意見が「年間スケジュールを立てること」です。
口コミを鵜呑みにしない
宅建試験合格のための勉強法やおススメの通信教育を徹底比較してランキングにしました。
宅建科目
宅建科目
宅建試験の合格率や合格ライン
宅建試験の合格率や合格ライン