宅建講座 比較 口コミ

勉強法−通信講座・独学・通学講座の比較

国家試験用の勉強をしていますか?

 

宅建試験で満点を取る必要はありません。
宅建試験では、約7割を取ることができれば合格します。
50点満点中の、7割である35点を正解できれば、ほぼ合格することができます。

 

逆に、満点や9割の得点を取ることは至難の業です。

 

なぜなら、
本試験では、ほとんどの受験生が解けないような難問が毎年何問も出題されますから、満点や9割の得点を取るためには、膨大な勉強時間が必要になります。

 

仮に、このような難問も解けるようになれば、それこそ、宅建予備校の講師にもなれるかもしれません。
しかし、あなたは当面は宅建試験に合格することが目標のはずです。
どうしても本試験で満点を取りたいのなら、まずは合格してから目指せばいいはずです。

 

このことは、宅建受験生なら頭ではわかっていることでしょうが、実際に勉強を進めていくと、

 

確実に7割を得点できる=効率よく最短で合格できる勉強とは程遠い勉強を多くの受験生がしてしまうのです!

 

テキストの内容を全て覚えようとしていませんか?
あなたは大丈夫ですか?

 

テキスト中心学習では問題が解けない

学校の勉強では満点をめざす勉強でもよいかもしれませんが、国家試験の勉強では、合格点を取る勉強法でないと効率よく合格することはできないことはおわかりいただいたでしょうか?

 

効率よく合格するために、学校で慣れ親しんできた勉強法には一旦別れを告げて、国家試験用の勉強法に切り替えて下さい。
具体的には、テキスト中心学習とは、別れを告げて下さい。

 

このテキスト中心の勉強法を続けていく限り、テキストの理解や暗記を優先する勉強になります。問題を解く力が全く付きません。
しかも、この勉強法はまったく面白くない勉強法なので、途中で挫折してしまう可能性が大きくなります。

 

さらに、この勉強法には、大きな壁が存在しています。

 

いざ問題を解いてみても、全く問題が解けないのです!!

 

あれだけ、テキストで勉強したのに・・・!

 

そのために、さらにテキストの勉強にのめり込むという悪循環に陥ってしまい、問題を解く力が付かないまま、本試験までの時間がどんどん減っていくのです。

 

この時点で、多くの受験生が本試験を受けることなく、途中で挫折してしまうのです。
これは、独学の受験生のみならず、資格スクールに通う受験生も同様です。

 

国家試験用の勉強法に切り替える

宅建試験の勉強は、まずテキストを繰り返し読むことから始まると決めつけていませんか?
しかし、実際には、その勉強法では宅建本試験の問題を解くことはできません。

 

それは、本人の資質とは関係ありません。このような勉強方法を続ければ当然そうなるということです。
この勉強法だと、まだまだテキストの読み方が足りないと思ってしまい、さらにテキスト読みに専念するという悪循環になってしまいがちです。

 

つまり、問題を解くことから逃げてしまうわけです。
いつまでも問題は解けませんから、なかなか宅建試験に合格できないわけです。

 

逆にいえば、
問題を解けるような勉強法を続けていけば十分宅建試験に合格する実力がつくことでしょう。

 

これまでの、学校で慣れ親しんだ勉強法から離れ、国家試験用の勉強法に切り替えることで、最短で効率良く、宅建試験に合格することができます。

 

サブノート作りに精を出していませんか?

時間をかけて、きれいなサブノートを作っている受験生もいます。
しかし、サブノート作りの明確な目的が説明できないのであれば、それは勉強ではなく、単なる作業に終わってしまう可能性が大です!

 

資格スクールの中でも、明確な目標や目的を告げないで、サブノート作りを推奨しているところもあるようですが、このような時間がかかる割に効率の悪い勉強は全くおススメできません。

 

どうしても必要であれば、テキストに書き込むようにすることでほぼ解決すると思いますが・・・。。

 

働きながら短期合格するには?

宅建試験の勉強を始めると、あまりに覚える量が多いことに気付く受験生も多いことでしょう。
特に、独学で勉強している受験生は、その印象が強いと思います。
なぜなら、市販のテキストのボリュームは半端な量ではないからです。

 

ここで、多くの受験生は挫折してしまいます。
しかし、挫折するのは、独学の受験生だけに限ったことではありません。
高い受講料を払って通学講座や通信講座を申し込んでも、多くの受験生が途中で挫折してしまう現実があるのです。
ある宅建通信講座では受講生の9割が途中脱落する・・・なんて話もあるくらいです。

 

では、宅建試験に必ず合格したい、特に初学者のような場合はどうすればよいでしょうか?

 

合格の近道は、その道のプロに教えを乞うこと

ほとんどの宅建試験の受験生は、宅建試験に関しては素人でしょう。
一番の近道は、その道のプロから勉強法を聞くことです。

 

多くの受験生を教えてきた実績のあるプロ講師から、多くの受験生が陥る勉強法の罠と、最も効率よく合格するための勉強法を聞くことが宅建合格の近道です。 

 

でも、多くの受験生は身近に宅建のプロなんていませんよね。
じゃあ、どうするか?

 

具体的な勉強法がわからなくても、宅建講座をただ勉強していけば効率よい勉強になっていればいいですよね。
つまり、そんな講座を選ぶことが宅建合格では重要なんです!

 

ただ、単に知識を提供したりする講座ではなく、勉強の仕方や方向性を最初に示してくれて、そのカリキュラムにしたがって勉強していけば自動的に豪華うする実力が効率的に付いている・・・・これが多くの受験生にとって理想的な講座だと考えます。

 

例えば、ユーキャン宅建通信講座は、DVD「合格ナビ」で宅建試験の概要を把握していきます。
学習法について講師が出てきてわかりやすく説明していますから、 このDVDを見るだけで、宅建試験の特徴や合格のコツ、講座の進め方などがわかるようになります。

 

テキストの内容も重要

1000ページにも及ぶような分厚いテキストを全て読みこなそうとする時点で、多くの受験生は戦意喪失します。
テキストは合格点を取るために必要なだけの内容で十分。市販のテキストは、書かれている内容はすばらしくても、その視点がなければ受験生本人には適した教材になり得ないのです。

 

あくまで、勉強の中心は問題演習にすること。これが国家試験用の合格する勉強法です。

 

短期合格する「期間」

宅建試験に限らずですが、働きながら資格取得を目指すというのは、やる気と根気が必要です。
でも、精神論だけじゃ、どうにもなりませんよね。

 

働きながら宅建試験に短期合格するためのちょっとしたコツをご紹介。
こちらでは宅建を働きながら短期合格するのに必要な期間・時間について述べたいと思います。

 

結論から申しますと、宅建試験合格に必要な時間数は標準的には300時間ほどと言われています。
飲み込みが早ければ200時間ほどでしょうか。

 

働きながら、1日3時間程度もし時間を割いたとすれば、100日要しますから、約3ヶ月ちょっとですね。
ただ、仕事終わりに「毎日」3時間というのは、なかなか出来るようで出来ません。根気、ですよね。
1日2時間ならば、150日、およそ5ヶ月ですね。

 

ただ、宅建の試験の合格率というのは、実は20%を下回っています。

 

合格率20%以下と聞いてしまうと一気に腰が重くなってしまうでしょうが、おそらくは、通信教育教材などでまっさきに取り上げられるジャンルですから、手軽に合格出来るだろうと思って受験に臨む人々が「撃沈」するのであろうと思われます。

 

しかしだからといって、勉強期間を長引かせてしまうと、今度は中だるみが必至なのです。
これは人間の性ですが、宅建試験で取り扱われるジャンルというのは「掘ろうと思えばいくらでも掘れる」という類のものです。

 

つまり、様々な法律知識が絡んでいますから、その法律を深追いしていけば、司法試験の勉強ではないかと思うほどに法律通になっていきます。

 

ただし、それが宅建試験合格に直結するかどうかという点は別の話。
要点をおさえて、3ヶ月から5ヶ月程度の期間で合格を目指しましょう。

 

短期合格する「教材・勉強法」

宅建試験に限らずですが、ある程度勉強をしておれば、どんな試験だって何年か後は受からないこともない。
けど、
問題は、どれくらいのスピードで受かるか、なのです。
何十年かかかって合格しても・・・ねえ。

 

こちらでは宅建試験にはたらきながら短期合格するために用いる教材・勉強法にはどんな種類があるのかについて解説しましょう。

 

宅建試験に臨む人の大半は、通信教育か、もしくは独学であると言われています。
確かに分野が限られているぶん、過去問の反復練習だけでそれ相応の点数が採れると言えるでしょう。
大学の受験勉強でもそうですが、過去問の反復練習は、絶大な効果を発揮します。

 

ただ、過去問にせよ市販の問題集を取り組むにせよ、一番大事なことは、
計画を立て、なおかつ反復することです。

 

もちろん世の中には本を開けばその内容が頭に入り込む人がいますが、自分がそういう人種ではないと自覚しているならば、反復の頻度とそれに要する時間を決めておくことが必須です。

 

それをしないと「自分が気になる部分」に深入りしてしまい、そこに時間が費やされてしまうからです。
そして「試験に良くでる部分」と「自分が気になる部分」とが重複している保証は、どこにもありません。
これは重要なことです。

 

通信販売を利用するのも、過去問を利用するのも、要するに試験内容にはどんな傾向があるのかという分析を「外注」しているのと同じことです。その外注サービスにこそ、わたしたちはお金を払っているのです。
したがって、勉強の時間配分は、過去問や問題集、あるいは通信販売教材の問題配分に沿わせるべきです。

 

宅建で一発合格したかったら、まず第一に過去問を繰り返し勉強することをお勧めします。
それが最大にして最高の勉強であると思います。

 

なぜなら資格専門のスクールは生徒を合格させないといけないのはもちろんですが、それ以上にクレームが出て、口コミで広がるのがよくないので、若干守りに入り気味だからです。

 

守りに入ると何が起こるかと言うと、確実に出る問題のみならず、まあ出ない可能性が高いけれど、まれには出るかもくらいのところも一応は解説しておかないといけない。

 

真面目な生徒さんほど、そういう細かいところも一生懸命勉強しなければと思いますよね。
でも大学入試でA大学の入試で役に立たなかった知識がB大学では活かせるのとは違い、宅建の場合は、本試験に出ない知識を豊富にためても本試験では役に立ちません。

 

TACの予想問題集(市販のもの)も解きましたが、本試験より若干レベルの高い問題で構成されていました。
でもそれだと意味ないと思うのです。本試験にでないので。

 

TACの予想問題集を解いた後に本試験を受けたので、本試験の内容が少し簡単な感触を受けました。
精神的余裕を生むかもしれませんが、その予想問題集をメインに勉強していた場合は、本試験の問題からちょと的外れな部分を熱心に勉強したことになるのではとも思いました。

 

本試験に出る問題と最もレベルが近いのは、過去の本試験問題です。
過去問10年分くらいを5回、10回と繰り返せば、おのずと本試験でも正解を導けると思います。

 

宅建試験合格を目指して勉強する場合、勉強方法の選択肢として、

資料請求

  • 通信講座を受講する
  • 独学で勉強する
  • 通学講座を受講する

この3つがあります。

 

それぞれに予算も含めメリットとデメリットがありますが、

 

今は宅建合格に強力な力を持つ通信講座があることから、当サイトでは、通信講座をおススメしています。

 

勉強方法のそれぞれのメリット、デメリットを以下に書いてみました。

 

  通信講座と独学の比較

 

  通信講座と通学講座の比較

 

 

 

これから評価される宅建スクールの形態とは?

これまで、宅建講座を受講しようとすれば、10万、15万、20万円という費用の講座が当たり前でした。
しかし、数年前から、宅建受験スクール業界には新しい波が打ち寄せてきています。

 

それは、
価格破壊ともいわれる低価格を打ち出す通信講座が現れたことです。

 

しかも、ただ安いだけではなく、教材のレベルも高額の講座と同等以上の内容でありながら、価格は5分の1、10分の1に抑えられていますから、受験生の評価も非常に高いのです。
その代表格がフォーサイト宅建講座といえるでしょう。

 

さらに近年では、低価格でありながら、不合格の場合は返金保証を付けたり、専門家による宅建勉強法のマニュアルもセットになった講座が現れてきました。 

 

いずれも、受験生に評価を受けている講座は、受験生目線で受講生の合格を最優先にした講座であることです。

 

たしかに宅建試験は、十分な勉強時間を使ってかなりの勉強量をこなせば、独学でも十分合格できる試験です。
しかし、現実には、そんなに勉強する時間が取れない受験生が多いと思いますし、苦痛だけの勉強法ではなかなか勉強自体が続かないということも多いと思います。

 

挫折することなく勉強を進められ、短期合格も可能になる、そんな受験プロによる合格勉強法があれば、どれだけ救われる受験生が出るでしょうか?

 

ここに、独学にはない通信講座ならではの本来の価値があると思います。
情報機器の発達で、通信講座は通学講座と遜色ない内容になってきました。
これからの時代で宅建合格への最強のツールは、合格するための具体的な勉強法も提示してくれる通信講座になっていくのかもしれません。

 

宅建スクールを評価する視点

宅建試験を含む国家試験攻略においては、過去問題を含めた問題演習が不可欠です。
特に宅建試験においては、7割以上が過去問と関連した出題ということもあり、過去問題は必ずやらないといけないものです。

 

よく、学校のテスト勉強の延長で勉強している方がいますが、資格試験の勉強は学校のテスト勉強とは根本的に違います!
いくらテキストを繰り返し読んでも、残念ながら問題は解けるようにはなりません。

 

しかし、受験生の中には、次から次にテキストを買い求め、結局最後までテキストが終わらない→当然過去問まで手がつかない
というテキストマニアの方が多いのも事実です。
これではなかなか合格は叶わないでしょう。

 

とはいっても、やみくもに問題を解けばいいというものでもありません。
例えば、予想問題集や過去問題を、どの時期にどう取り組めばいいのかという具体的な勉強方法が大事になってきます。

 

宅建試験に効率よく合格したいと考えるなら、学習初期の段階から問題集を有効に利用することが効果的です。
宅建スクールを選ぶ場合も、問題演習の重要さをしっかり理解しているスクールかどうかもチェックしたいものです。

 

私自身の宅建受験体験

私の場合は、独学で市販のテキスト・過去問題集・模擬試験集を使って約5ヶ月の勉強期間で一発合格することらくらく宅建塾シリーズができました。
使用したテキスト・問題集は、らくらく宅建塾シリーズです。     

 

比較的、勉強時間は取れたので、1日1時間位の勉強時間で5ヶ月もあれば十分教材をマスターすることができました。

 

宅建通信講座の比較

宅建試験は法律系の資格の登竜門といわれ、比較的簡単だというイメージがあります。
しかし、合格率は例年15%前後で推移しており、それなりの準備が必要でしょう。

 

そこで、気合を入れて教材を買いそろえるわけですが、使いこなせない受験生も非常に多いんですね。

 

  • テキストをいくら読んでいても問題が全く解けない
  • 読んでもすぐ忘れてしまう
  • 勉強のやり方がわからない!

こういうケースも多いと思います。

 

小さい頃から慣れ親しんだ学習方法が身に付いていますから、どのように国家試験用の勉強をしたらいいのか戸惑う受験生が多いのです。

 

学校のテスト勉強と資格試験の勉強は根本的に違います!

 

そこに気付くことが第一歩だと思います。

 

勉強しないで合格できるような魔法の勉強法はこの世にはありません。
しかし、効率よく最短で実力が身に付く勉強法は存在します。

 

宅建通信講座の選び方にはコツがあります。

 

  宅建通信講座の選び方

 

比較ランキング・購入レビュー

1日30分宅建合格プログラム

1日30分宅建合格プログラム

資格予備校の通信講座の枠を超えた内容プラス格安の料金設定!

 

この価格で教材もこれだけで十分です。他に買い揃える必要は全くありません。

 

実際に購入して検証したレビューの詳細はこちらをご覧ください。

宅建 通勤講座

宅建 通勤講座は、わかりすい解説と効率的な学習法により、知識ゼロからでも着実に理解できるカリキュラムとなっています。

 

通勤時間を利用してスマートフォンなどで手軽に学習できる講座です。
この講座の一番の長所は学習法マニュアルがセットになっていること。
初学者にオススメの講座です。

 

詳細はこちらをご覧ください。

ユーキャンの宅建通信講座

 

受講生の声や口コミ,評判,体験談で目立つのは、テキストに対する高い評価でした!
ユーキャンの教材(テキスト)は、過去の全問題を徹底分析してムダを省くことを強く意識して教材(テキスト)が作られています。

 

詳細はこちらをご覧ください。

更新履歴
page top